他人だけど家族。そんな感じです。 長濱 匡記 ハピネスひまわりの里

あなたの笑顔が、嬉しかった。

長濱 匡記 写真

以前は、アクセサリー関係の仕事をしていました。営業や制作をしており、日々仕事に追われていましたが、上司と折り合いが悪く、辞めることになりました。
次の仕事を探すため、ハローワークに行って、介護系の職業訓練を受けたんです。資格も取れるみたいだったし、結構安易な気持ちで働くようになりました。笑

でも、実際に働いてみるとかなりキツかった。介護とは切っても切れないのが下の世話。最初はやっぱり抵抗がありました。慣れるまでに数ヶ月かかりましたね。

未だに辞めたいと思うんですが、私の祖母がものすごくこの仕事を喜んでくれて。その姿を見たら、もう少し頑張ろうと思えますね。

毎日辞めたい。でも、続けています。

長濱 匡記 写真

本当に毎日辞めたいと思っています。でも続けているのは、施設長という責任があるからかもしれないですね。
このチャンスをものにしたいです。笑

やりがいを感じる時は、認知症の人が、唯一自分の名前だけ覚えてくれていた時は、やっててよかったなぁと思いますね。

あと、感謝される時。「ありがとう」の一言が、何倍ものパワーになるんです。

成長したっていう自覚はないですね(笑)

長濱 匡記 写真

誰だってそうだと思うんですが、新人の頃は何もわからない。よく、看護師さんとの連携も取れずに、注意を受けたり、上司から怒られたりもしました。

よく落ち込んだりしたのですが、やはり命を預かっている以上、必死で頑張らないといけないという責任感から、知識などかなり勉強しましたね。

でも、成長したっていう自覚はないんです。本当に(笑)

いつか自分のものにしたい。

長濱 匡記 写真

今はありがたいことに、施設長を任されています。なので、将来的には自分のものにしたいですね。
独立も視野に入れています。介護関係で何か始められたらいいなぁと考えています。介護事業所とか。

アットホーム。それに尽きますね。

長濱 匡記 写真

とにかく私たちの施設はアットホームですね。家族のような関係なので、スタッフや利用者間で、平気で怒鳴り合いますし、喧嘩します。笑
それほど、お互い心を許しているんだと思います。

施設自体はできて半年なので、かなり綺麗です。利用者の方に提供するご飯は、薄味でおいしく、メニューも豊富です。

スタッフの人たちは年上の方が多いのですが、細かいところに気が付いて、いつも助けてもらっています。嫌なことでも率先してやってくれるので、私も見習わないといけませんね。
とても思いやりのある良いスタッフばかりなので、興味がありましたら、是非一度「ハピネスひまわりの里」へ足を運んでみてくださいね!

お待ちしております。

MyHoliday

バイクが好きなので、休日はもっぱらツーリングしています。
主に近畿圏内へ行ってますね。仲間やお店の友達、駅で出会った人たちと一緒に風に吹かれながらバイクを走らせると気分爽快で、ストレス発散になりますね。
あとは、会社の人たちと仕事終わりにご飯を食べに行ったりしてますね。とても気の合う仲間たちなので、ご飯に行くと話が止まりませんね。笑