高齢者って楽しいな。 渡邉薫未 株式会社ネオリンクス介護用品和奏

人と関わることが好き

渡邉薫未 写真

明確に介護の仕事に就こうと考えたのは、中学3年生の時でした。進路を選ぶ時に、介護系の学校へ行ったら資格が取れると思ったので、そっちの道に進みました。介護福祉一本の高校へ行き、アルバイトでは介護施設で働いていました。その施設から、高校卒業後は働いてほしいと言われ、私自身もそうするつもりだったのですが、親と高校の先生に大学へ行ってほしいと懇願され、福祉系の大学に進学しました。そこで幅広く勉強することで私自身の視野も広がった気がします。

祖母と一緒に住んでいたことも、この仕事に就くきっかけになったと思います。彼女と話すことはとても楽しく、人と関わることが好きな私にとって、高齢者って楽しいな、と思える時間でした。

事務よりは現場で体を動かしていたいです

渡邉薫未 写真

初めは現場で高齢者の方の介護をしていたのですが、福祉用部へ異動になりました。この部署で働くようになってからは、介護用品の重要性について学ぶことができました。福祉用部があってこそ、在宅がなりたっていると思います。 「この歩行器使いやすいね」って言われたりすると、やりがいを感じますね。

今は事務の仕事をしているので、体力が有り余ってます(笑)なので、朝1時間ジョギングをしてから出勤しています。そのくらい体を動かすことが好きですし、何より高齢者の方と接することが楽しいです。事務仕事より、現場の方が私には合ってますね!

選べるといいな。

渡邉薫未 写真

介護用品を取り扱う部署なので、高齢者の方が「こういうのあったらいいのになぁ」と必要としている物をカスタマイズできたら素敵だなと思いますね。やはり、一人ひとり使い勝手が違いますし。そういった意味で、選べると便利でいいですよね。

また、介護の現場にいた時の話なんですが、普段から寡黙な人だったんですけど、自分にだけ心を開いてくれない時があって、悩みました。 両者状況は違いますが、仕事を難しく感じた瞬間でしたね。

私の「これから」

渡邉薫未 写真

将来的には、田舎で介護の仕事に携わりたいと考えています。田舎って高齢者が多く、車とか乗れない方もたくさんいると思うんです。そういった方たちのために、自分がヘルパーをしたいなって思いますね。イメージではDr.コトーみたいな(笑)

あと、都会って時間に追われていてせかせかしているので、田舎に行ってのんびり暮らしながら高齢者と関わっていけたらいいですね。

MyHoliday

学生の頃はよく海外旅行に行ってましたね。フランス、グアムとか。今は長期の休みがなかなか取れないので、あまり行けてませんが機会があったらまた行ってみたいです。
また、最近では写真を撮ることも趣味ですね。一眼レフも持っているのですが、携帯電話の画質もかなりいいので、もっぱらそっちで撮ってます。そのせいで、フォルダはすぐいっぱいになっちゃいますけど。
難波、梅田もブラブラします。ただ、結婚してから物欲がなくなって、本当にブラブラするだけですね。笑
あとは夫とメダルゲームにハマっています。やることがなかったら、とりあえず「ゲームセンターに行こう」ってなって、気が付けば7時間くらい滞在しています(笑)