挫折から得たもの。 有村竜太 フォーユー東淀川

介護に向いてるんちゃう?

有村竜太 写真

高校卒業後は、音楽の専門学校へ通いました。もともと音楽が大好きで、ギターを弾いたり、歌を歌ったりすることを仕事にしたかったんです。それが僕の夢でした。

でも現実は厳しくて、オーディションを受けては落ちる毎日。もう本当に挫折しました。
コンビニでアルバイトをしていたのですが、もうこのままここに就職するのかなとも考え始めてました。しかし、そのコンビニもまさかの閉店。

将来についてどうしようか悩んでいた時、母に「介護に向いてるんちゃう?」と、軽く言われたんです。そこから介護職に興味を持ち始めるようになって。それまでは、介護について何も考えたことがなかったですね。

感動してもらえること

有村竜太 写真

うちの施設ではイベントやレクリエーションが多いんです。ある時、僕がギターを弾いて歌を歌うというレクリエーションがあったのですが、その時に利用者の方の一人が涙を流してくれたんです。「とても良かった。」と言って。その出来事には僕自身、かなり驚いたんですけど、それと同時に感動しました。
人の心を動かせたということに、やりがいを感じられましたね。

悔しく、難しい。

有村竜太 写真

介護は、人と人との仕事なので悔しいと思うことはたくさんあります。利用者の方が亡くなられた時や、入院されてもう戻ってこないとなった時は本当にショックですし、もうちょっと僕がしてあげられることがあったのではないか、こうしといていればよかった、と悔やむことがあります。
しかし、いつまでも引きずってばかりいられないので、切り替えて新しく入居された方に、前の方にできなかったことをしてあげたいと思うようになりました。

そう考えるようになってからは、新しい入居者の方にどんどん積極的に関わっていくようになりました。

考え方が成長できたと思いますね。

有村竜太 写真

この仕事に限らずどこであってもそうだと思うんですが、入りたての頃はやっぱり何もわからず、辞めたいと思うこともたくさんありました。何をやっても空回りで、喜んでもらえるどころか逆に怒らせてしまうこともしばしば。
でも、そこですぐに根を上げて辞めてしまうのではなく、踏みとどまって経験を積む。そのことだけで大きく成長できたと思います。
考え方が成長できたというか。

自分が先輩から教えて頂いたことを、これからは自分が後輩たちへ教えていく。そのバトンタッチを止めることなく、していきたいですね。

フォーユー東淀川の魅力

有村竜太 写真

うちの施設では、レクリエーションや、イベントに力を入れています。7月末には、男性スタッフが女装してスナックを催す予定です。これはスタッフ同士でアイデアを出し合って考えました。笑
スタッフ皆が施設をよくしていこうという意識が高いと思うんです。お客様満足度を上げていきたいという気持ちから、こういった行動に繋がっていると思います。

夏はどうしても水分摂取量が少なくなってしまうことを問題視し、昨年にはお茶ゼリーというものを考案し、利用者の方に少しでも多く摂取してもらう工夫をしました。
スタッフ一人ひとりが、利用者のことを考えている点がうちの魅力ですね。

少しでも興味をもっていただけましたら、是非「フォーユー東淀川」までお問い合わせ下さい。

MyHoliday

休日は嫁と犬2匹を連れて、ドッグカフェに行きます。チワワ2匹で、7歳の永遠(とわ)と、2歳の未来(みく)です。
彼女たちと一緒に過ごす時間は、僕にとって至福のひと時ですね(笑)
あとは、ショッピングセンターに買い物へ行ったりしていますね。基本、休日であっても家でゴロゴロしたりとかするのではなく外に出たいので、アクティブなんだと思います。
昔野球をしていたからというのも関係しているんですかね。笑